食習慣を変えるだけで生涯勝ち組!~健康なココロとカラダづくりに意識したいちょっとした習慣~

ヘルスプロデューサー園部美津子が健康情報や現代の社会人が抱える悩み、ストレスなどに着目しながら、生涯あなたらしく健康的にイキイキと過ごしていくための「ちょっとした習慣」をご提案します。

今回は、有名アスリートや海外セレブなどが取り入れ始めたと話題の食習慣<グルテンフリー>に着目していきます。一見難しそうに聞こえても、小麦が含まれていない食品を避けるだけでそのほかに特に制限がなく、今日からでもすぐに実践することができる食事法。日ごろのストレスや倦怠感はグルテンの過剰摂取が影響しているかも?毎日のように小麦を摂取している人は、参考にされてみてください。

◆グルテンフリーとは

グルテンフリーの<グルテン>とは、小麦や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種のことで、パンやケーキをふっくらと膨らませたり、うどんやパスタなどの麺類をもちもち食感にしてくれたりします。グルテンフリーとは、このグルテンを含む食品を取らないことを言います。普段の食事から小麦製品を抜くだけなので、お米や肉、アルコールなどは摂取してもOK。近年、無理なくすぐに取り入れられる食事法としてアメリカを中心に日本でも実践する人が増えています。

◆グルテンアレルギー予防のための食事法

グルテンフリーは、もともとグルテンに対してアレルギー症状が出てしまう人が実行していた食事法です。グルテンに対してアレルギーを持っている人がグルテンを摂取すると、小腸が過敏に反応して消化不良になり、吐き気や痛みなどを引き起こすことがあります。また、重度の症状にはセリアック病という自らの小腸を傷つけてしまう自己免疫疾患があり、消化器官が正常に働かなくなり、栄養を吸収できなくなってしまいます。

◆なぜいまグルテンフリーに関心が集まっているのか

アメリカなどの海外で、アレルギー症状の有無に関わらず、ヘルストレンドに敏感な人たちが食生活にグルテンフリーを取り入れた結果、体調が良くなった、痩せたなどの効果を得たことで美容・健康志向の人たちに注目されるようになりました。特に海外セレブや日本の人気モデルやタレントが取り入れ、ダイエットに成功したりアンチエイジング効果がみられたりした体験談がSNS上をにぎわしたことで、さらに話題になりました。

◆グルテンフリーの効果とは?

グルテンを主成分とするパン類には、マーガリンやショートニングといったトランス脂肪酸が使われていることが多く、それらを意識的に避けるだけで余計なカロリーを省くとともに、健康的な栄養バランスも保てるようになります。また、パンと合わせるおかずには肉類や乳製品を使うことが多く、パンを主食にすると体に負担をかける様々な食品をたくさん体内に取りこむことにもつながります。それに比べ、ご飯には余分なものが含まれず、良いエネルギー源になってくれます。さらに、ご飯は魚や納豆・みそなどの大豆製品、海藻類など、良質な油や食物繊維を多く含んだ食品との相性が良いので、健康的な食事がしやすくなります。毎日の主食をお米に変えるだけで、多くのメリットが得られることになりますね。それがグルテンフリーの基本的な効果です。ランチにいつもパスタやうどんを食べているという人は、焼き魚定食などに変更してみると良いでしょう。

◆小麦には依存性がある?

グルテンの中に含まれる<グリアジン>という物質には食欲を促進させる働きがあり、依存性があることから、無意識に食べる量が増え、結果的に肥満につながりやすいと言われます。小麦が含まれている食べ物にはパンやパスタだけではなく、ラーメンやうどん、クッキーやケーキなど、日常よく口にする食品が数多くあります。小麦依存の状態は、現代人が抱える生活習慣病やうつ病、気分障害、老化の促進など様々な不調を引き起こすと考えられています。小麦が含まれる食品を頻繁に口にしている人には、「イライラしやすい」「気分が滅入ることが多々ある」「集中力が続かない」「体力が無いと感じる」などの自覚があることが多いようです。

◆まとめ

次回はグルテンフリー実践編をお届けします。
今回お伝えしたい「健康なココロとカラダづくりに意識したいちょっとした習慣」は、≪和食を楽しむ≫ことです。いつもイタリアンやフレンチのお店に行くという人は、たまには和食を楽しむことができるお店を選んでみてはいかがでしょうか?和食は無形文化遺産として登録されるほど世界中で認められています。和食は五感で味わうもの。旬の食材のうまみを最大限に活かした繊細な味付けで、四季を感じさせる丁寧な盛り付けがされた和食を楽しめば、美味しいだけではなく「日本に生まれてよかった」など多幸感が得られるでしょう。あなたの毎日がいまよりも健康で幸せになりますように♪

◆プロフィール

園部美津子(そのべみつこ):ヘルスプロデューサー
大学入学と同時に大手フィットネスクラブでアルバイトを開始。スタジオインストラクター、パーソナルトレーナーとして人の健康をサポートする仕事に魅力を感じ、卒業と同時にフリーランスに。格闘技エクササイズ団体BRAFTに所属し、スタジオインストラクターとして活動するだけではなく、各種プログラム開発や新人トレーナーの育成、社内研修などを担当。フィットネスモデルとしても活動し、トレーニング本のメーンモデルなども務める。また、はフィットネスクラブだけではなく、大手商社や大手メーカーの出張トレーナーとしても活動中。
並行して、自身が体調を崩したことをきっかけに食生活の大切さを実感し、アメリカ・ニューヨーク市で「healthyなライフスタイル」を広める団体KD KITCHENで栄養学を学び、認定インストラクターとなる。自身が開催するクラスは、「ヘルシーだけど満足感もある、美味しくおしゃれなレシピが自宅で簡単に作れるようになる」と、女性だけではなく男性にも好評で、全体のリピート率は9割を誇る。現在は運動指導者と食事指導者双方顔を持ち、一人でも多くの人のココロとカラダを健康的に幸せにしていくために、健康に関する幅広い啓蒙活動に力を入れている。

◇ヘルスプロデューサー園部美津子が開催する<325’s KD KITCHEN>
情報の詳細は→http://ameblo.jp/micco325/
・Facebook www.facebook.com/kdkitchen.mitsuko
・Instagram @mitsukosnb
・Twitter @mitsukox325x

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP